« 禁欲主義 | トップページ | 姦淫 »

2020年1月11日 (土)

異常な禁欲主義

イエスは「だれでも情欲をいだいて女を見る者は、すでに心の中で姦淫を犯したのです。」と述べた。もちろん姦淫は罪だ。欲情を抱かずに性行為や自慰をすることは不可能であるから、性行為も自慰も罪である。だからカソリックの神父は原則的に独身である。カソリックの神父は生涯童貞のまま自慰をすることもなく死ぬのである。しかし、実際問題としてそんなことは不可能だ。異常な禁欲主義はカトリック聖職者の性犯罪の原因である。

4

日本でもカトリック聖職者の犯罪の例が確認されている。”児童養護施設「東京サレジオ学園」(東京・小平)で園長トマス・マンハルドは10歳の日本人少年に司祭服の内袋のないポケットに手を突っ込ませ、膨張した神父自身つかまさせた。そして、手を動かさせた。”

異常な禁欲主義は人を狂わせる。同じ宗教でも、「ほだれ神社」の方がよっぽどまともではないだろうか?

 

« 禁欲主義 | トップページ | 姦淫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 禁欲主義 | トップページ | 姦淫 »