« ほだれ祭 | トップページ | 女を滅茶苦茶にする。 »

2020年1月 6日 (月)

珍宝館

群馬県の伊香保温泉に珍宝館というチンコ博物館がある。館長のチンコさんによると大英博物館にも匹敵する存在だそうだ。展示物はハリガタ、春画、オマンコ石など相当下品だ。館長のチンコさんの話もとても下品で聞くに堪えないから面白い。しかし、少子高齢化の日本を救うのは珍宝館かもしれない。Hな話を聞いて興奮し長年の不妊が治り子宝に恵まれた夫婦もいたそうだ。人間なんでも気の持ちようかもしれない。人が顔をしかめるようなHな話を平然と言って人々を楽しませる姿は素晴らしい。Hな話はみんな好きなはずだ。人目を気にして顔をしかめたりしているだけじゃないだろうか?

2_20200106113901

 

 

 

 

 

 

オマンコ、チンコは子孫繁栄と幸福のための大切な器官である。チンコ館長は来館者のチンコやマンコを触って検査してくれる。小さなチンコ、乾いたマンコの持ち主は館長に叱責される。大きなチンコ、濡れたマンコにみんながならないと日本が衰退し年金が破綻してしまうからだそうだ。なるほど若い人がどんどんやってどんどん子供を産んでもらいたい。年寄りは骨になるまでやり続けることでぼけ老人にならずに済む。

Photo_20200106113901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

性はすべての人にとり極めて大切イシューだ。

 

« ほだれ祭 | トップページ | 女を滅茶苦茶にする。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほだれ祭 | トップページ | 女を滅茶苦茶にする。 »